パソコンを見せる男性

USBメモリをROM化をすることができるのはご存知でしょうか。ROM化とはRead Only Memoryの略称で読み込むことはできるけど新しく書き込むこと、もともとあったデータを削除などの操作をできないもののことを言います。そのためある一定のデータなどを入れてからROM化しないと何も入っていない状態のままでは意味がありません。ROM化をするにあたり秘匿領域をもうけることでこの領域に入っているデータはUSBメモリの管理者である人でしか見ることができません。機密情報や大切なデータが有るのであれば、この秘匿領域に保存することをオススメします。パスワードなどの設定により、管理者しか見れないようにすることが大事です。

USBメモリをROM化するにはそれに対応した製品が必要になります。たとえばデュプリケーターやパソコンが必要になり、価格としてはそれらの機器の基準となります。USBデュプリケーターは対応しているのが2GBから16GBまでなのでそれ以上のUSBメモリをお持ちであればちゃんと対応しているのかを確認してから買うようにしましょう。また16GB以内に収まるのであれば16GBUSBメモリにコピーをしてからROM化するようにするれば良いです。ライティングソフトであればフリーソフトも存在しますのでそれらを利用すると良いです。OSイメージファイルを使いたいのであればUSBメモリをROM化するよりフリーソフトを使用したほうがお得です。