置かれたスマートフォン

手軽にデータの移動やバックアップなどができる便利なUSBメモリ。最近はそのUSBメモリが大きく進化している。それは容量だけでなく、セキュリティ面である。企業の中でもセキュリティの関係でUSBメモリの利用が制限されているところが少なくない。しかし、業務上なかなかDVDなどの媒体のみでは難しいため、セキュリティ面が強化されたUSBメモリが次々と開発されている。 まずはウイルスチェック機能が搭載されたUSBメモリである。これはUSBメモリを介してウイルス感染するケースが多かったことなどから、そういったウイルス感染を未然に防ぐための機能である。 また管理ソフトウェアも搭載されており、パスワードロックをかけるなどの機能が搭載されているものもある。

その他のセキュリティ機能としては、強制暗号化機能である。 これはデータをUSBメモリへコピーあるいは移動した段階で強制的にファイルが暗号化されるという機能である。その中のデータにアクセスするためにはパスワード認証が必要となるため、暗号化とパスワードの二重セキュリティ機能が搭載された商品も販売されている。 その他のセキュリティ機能としては指紋認証機能が搭載されたUSBメモリである。これはごく限られたユーザーにしか利用できない事を意味し、万が一パスワードなどが漏えいした場合でも、登録された指紋のユーザーで無い限りはアクセスできないというものである。 もちろんその分費用は高額になるが大事なデータから守る価値を考えれば、必要な投資かもしれない。